東京芸能人国民健康保険組合 HOME 個人情報保護への取り組みについて
当組合プロフィール 健康づくり事業 国民健康保険 病気やけがをしたら 保険証、保険料 介護保険 書式ダウンロード リンク集

特定健康診査・特定保健指導の受診

 当組合では、40歳から74歳の方を対象に、内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)の予防・改善のための特定健康診査・特定保健指導を行っています。
 メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪蓄積による肥満に高血圧・高血糖・血中脂質異常などが重なった状態のことです。自覚症状はありませんが、進行しますと動脈硬化が悪化し、糖尿病など生活習慣病の発症や重症化につながります。生活習慣病予防のため、この健康診査・保健指導を積極的にご利用いただき、健康な生活を送ってください。
(※特定健康診査・特定保健指導は、平成20年4月施行の「高齢者の医療の確保に関する法律」により、医療保険者に実施が義務付けられました)。

特定健康診査の健診項目

基本的な健診項目 質問票(服薬歴、喫煙歴等)、身体計測(身長、体重、腹囲、BMI)、理学的所見(身体診察)、血圧測定、尿検査(尿糖、尿蛋白)、肝機能検査(GOT、GPT、γ−GTP)、脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)、血糖検査(空腹時血糖またはHbA1c)
詳細な健診項目 一定の基準の下、医師が必要と判断したものを実施、 心電図、眼底検査、貧血検査(赤血球、血色素量、ヘマトクリット値)

特定保健指導

 特定健康診査の健診結果から、生活習慣病の発症リスクの認められる人を選び出します。さらに、ややリスクのある人対象の「動機付け支援」と、よりリスクの高い人対象の「積極的支援」に区分して、生活習慣病予防のために、医師等による食事・運動方法など生活改善のサポートを行います。

特定健診の受診対象とする人

 組合加入者のうち、実施年度中に40歳以上75歳未満に該当する人で、他で行う健診を受診していない人が対象となります。受診希望者は、組合までご連絡ください(年度中の加入・脱退者、事業主健診の者、妊産婦などは除かれます)。

受診期間(指定期間外は受診できません)

 特定健康診査 医師会との契約終了後〜1月末までの間(受診券が必要です)。
 特定保健指導 健診後の実施(6ヶ月間)となります(利用券が必要)。

実施方法

 組合から、対象者に受診券(保健指導は利用券)や受診案内が郵送されます。受診者は、お住まいの地区の特定健診登録医療機関及び組合契約の特定健診医療機関(一覧表参照)の中から選択して直接連絡し、都合のよい日を予約申し込みしてください。健診当日は、受診券(利用券)、保険証を持参し受診します。

費用

 無料です(全額組合負担)。

ページの先頭へトップページへ

COPYRIGHT(C) 2005-2009, 東京芸能人国民健康保険組合 ALL RIGHTS RESERVED.