東京芸能人国民健康保険組合 HOME 個人情報保護への取り組みについて
当組合プロフィール 健康づくり事業 国民健康保険 病気やけがをしたら 保険証、保険料 介護保険 書式ダウンロード リンク集

芸能人国保のあゆみ

1938(昭和13年) 7月1日 国民健康保険法施行
1952(昭和27年) 4月25日 第1回発起人会 有楽町ピカデリー「日本映画監督協会」
  6月28日 発起人代表者会議 銀座「オリンピック」
  9月30日 第2回発起人会、組合創立総会 銀座「耕一路」
  11月10日 東京芸能人国保組合設立認可
  11月15日 組合事業開始(新橋漫談協会内)
被保険者数2,712人(組合員1,313人、家族1,399人)
保険料組合員150円、家族100円 7割給付
  11月25日 医療費国庫補助15%
  12月6日 第1回組合会開催(三和銀行会議室)
1953(昭和28年) 1月25日 組合報「芸能人」発刊
   2月1日 組合直営診療所「東京診療所」開設 有楽町千代田デパート2階
   4月25日 東京診療所内に組合事務所を移転
   2月1日 ―NHKテレビ放送開始―
   8月28日 ―日本テレビ放送開始(民放初)―
  11月17日 組合創立1周年記念事業(日本橋三越にてサイン会)
1954(昭和29年) 1月1日 赤字のため家族給付割合7割→5割
  4月1日 医療費国庫補助20%
  10月1日 組合員給付割合7割→5割
  10月1日 「各自の芸能による組合赤字補填の会」結成
1955(昭和30年) 4月21日 直営「東京診療所」との契約解除
  4月25日 組合事務所を西銀座「新田ビル」に移転
  6月20日 結核患者家族の無料健康診断実施
  10月    創立3周年を記念して高齢者表彰
1956(昭和31年) 4月4日 東京都国保診療報酬支払基金設立(業務開始32年2月1日)
  5月31日 組合設立以来、初の黒字決算(30年度)
  10月19日 ―日ソ国交回復共同宣言―
1957(昭和32年) 10月4日 ―ソ連世界初の人工衛星打ち上げ―
  11月10日 組合創立5周年記念(ニュートウキョー)
1958(昭和33年) 12月23日 ―東京タワー完成―
1959(昭和34年) 1月1日 新国保法施行
  7月20日 海の家開設(茅ヶ崎南湖キャンプ場)
  9月26日 ―伊勢湾台風―
  12月1日 東京23区国保事業開始(世帯主7割、家族5割)
  12月15日 ―第1回日本レコード大賞「黒い花びら」―
1960(昭和35年) 6月23日 ―日米安全保障条約―
  10月1日 都民皆保険達成
1961(昭和36年) 4月1日 国民皆保険達成
  4月12日 ―ソ連世界初の有人宇宙船打ち上げ―
  6月24日 文芸美術組合、京都芸術家組合、大阪文化芸能組合と「文化関係国保組合協議会」を結成
1962(昭和37年) 4月1日 医療費国庫補助25%
  11月15日 組合創立10周年記念会(新橋・第一ホテル)
1963(昭和38年) 4月1日 組合員給付割合5割→7割
  4月7日 ―NHK大河ドラマ「花の生涯」放映開始―
1964(昭和39年) 10月10日 ―オリンピック東京大会―
1967(昭和42年) 11月15日 組合創立15周年記念会(有楽町・レストラン四季)
1968(昭和43年) 1月1日 家族給付割合5割→7割
1969(昭和44年) 7月20日 ―米国アポロ11号月面着陸―
1970(昭和45年) 3月14日 ―日本万国博覧会(大阪万博)―
  6月1日 日雇労働者健保の擬制適用廃止により新設国保組合発足へ
1971(昭和46年) 7月1日 ―全国で保険医総辞退―
  8月1日 初代理事長 徳川夢声氏逝去、後任に紙恭輔氏就任
  8月7日 「故徳川夢声先生お別れの会」青山葬儀所
1972(昭和47年) 5月15日 ―沖縄復帰―
  8月1日 組合加入適用地域拡大許可(神奈川、埼玉、千葉県)
  9月29日 ―日中共同声明調印―
  10月1日 都内在住の70歳以上老人医療費無料化実施
  12月2日 組合創立20周年記念の会(新橋・第一ホテル)
1973(昭和48年) 1月1日 70歳以上老人医療費無料化実施(都は65歳以上)
  10月   ―第1次石油ショック―
  12月1日 高額療養費支給制度開始
1974(昭和49年) 7月9日 組合保健施設「北軽芸能山荘」開所
1976(昭和51年) 4月1日 組合員保険料に所得割制導入
  8月27日 組合創立25周年記念会(浜松町世界貿易会館)
1977(昭和52年) 2月    保健事業の健康用品無償配布開始
1978(昭和53年) 4月1日 国庫定率補助25%、政令10%補助
1981(昭和56年) 3月24日 二代目理事長、紙恭輔氏逝去、後任に神保国久氏就任(三代目理事長)
  4月14日 「故紙恭輔氏お別れの会」青山葬儀所
  8月18日 組合創立30周年記念祝賀会(帝国ホテル)
1983(昭和58年) 2月1日 老人保健法施行
1984(昭和59年) 10月1日 国庫定率補助32%、普調補助10%
  10月1日 退職者医療制度実施
1985(昭和60年) 8月12日 ―日航ジャンボ御巣鷹山墜落―
1986(昭和61年) 4月1日 保険料所得割合14→24段階
  7月20日 理事長(四代目)に吉田貴壽氏就任
1987(昭和62年) 4月1日 事務処理にコンピュータ導入
1989(平成元年) 7月20日 理事長(五代目)に松島庄十郎氏就任
1990(平成2年) 1月20日 新宿区1丁目、KI新宿御苑前ビル2階に組合事務所移転
  4月1日 保険料所得割合24→26段階
  4月1日 組合員個人加入を廃止し全て団体加入
1992(平成4年) 4月1日 保険料所得割合26→15段階
  7月20日 理事長(六代目)に江見俊太郎氏就任
1993(平成5年) 4月1日 80歳組合員(在籍30年以上)住民税非課税者得割免除
1995(平成7年) 1月17日 ―阪神・淡路大地震―
  10月9日 新宿区2丁目、御苑スカイビル7階に組合事務所移転
1997(平成9年) 9月   法人事業所の健保適用事業所に係る国庫補助32%→13.7%
1998(平成10年) 2月27日 「北軽芸能山荘」閉鎖
2000(平成12年) 4月1日 介護保険法施行
2001(平成13年) 1月1日 海外療養費制度発足
  7月20日 理事長(七代目)に春風亭柳橋氏就任
2002(平成14年) 11月15日 組合創立50周年祝賀会(帝国ホテル)
  9月29日 健康づくりウォーキング開始
2003(平成15年) 4月1日 被保険者証個人カード化実施
  5月31日 決算単年度赤字となる(14年度)
2004(平成16年) 10月31日 理事長 春風亭柳橋氏逝去
   11月3日 「故春風亭柳橋氏葬儀」(文京区・寂円寺)
2005(平成17年) 3月1日 理事長(八代目)に清元栄志太夫氏就任
2006(平成18年) 4月1日 組合ホームページ開設
  5月31日 赤字財政を脱し黒字決算に(17年度)
2008(平成20年) 4月1日 後期高齢者医療制度施行
特定健診、特定保健指導制度開始
2009(平成21年) 8月1日 高額介護合算療養費制度開始
  10月1日 出産育児一時金の直接支払制度開始
2010(平成22年) 5月31日 行政事業レビュー(組合補助見直し)
  11月16日 行政刷新会議「事業仕分け」(組合補助制度見直し)
2011(平成23年) 3月11日 ―東北地方太平洋沖地震―
  12月28日 国保施行令改正(所得割「旧ただし書」に統一)
2012(平成24年) 3月31日 結核精神医療給付金廃止
  5月22日 ―東京スカイツリー開業―
  7月17日 組合創立60周年記念の会(帝国ホテル)
  10月1日 所得割「旧ただし書き方式」に移行
2014(平成26年) 4月1日 26年4月2日以降に生まれた70歳の方の負担2割
2015(平成27年) 1月1日 70歳未満の高額療養費の上限額見直し
2016(平成28年) 1月1日 マイナンバー制度開始(国保事務)
  4月1日 組合の国庫補助率32% → 32%から13%までとなる
 

 

ページの先頭へトップページへ

COPYRIGHT(C) 2005-2009, 東京芸能人国民健康保険組合 ALL RIGHTS RESERVED.